異性と手をつなぐ瞬間、手汗をべっとりかいていてため、手をつなぐことを躊躇してしまった経験はありませんか?

好きな人と手を繋いだら、手汗がべっとりで百年の恋も冷めた…

なんて経験がある人もいらっしゃるかもしれないですね。

こんな思いを抱えていては、異性と付き合うことに恐怖心を抱いてしまうことも・・・

そこでこのサイトでは、手汗の仕組みと正しい手汗対策を深掘りしていきたいと思います。

べっとり”手汗”気になりませんか?実は恋人も気にしてるかも…

手も人間の皮膚の一部です。

他の部位同様に汗をかくのは当たり前のことですが、人ともっとも触れ合う部分のため、手に触れた、手を握った瞬間に汗でべっとりとなっていると、どうしても“不潔”と思われてしまいがちです。

緊張したり、運動した時に手から少し汗が出る、というレベルなら気にするほどではありません。

それは身体の正常な反応であり、恥ずかしがることも、卑屈に思うこともありません。

ただ「何もしていないのに手が汗でべっとり」「恋人と手を握るのが怖い」というレベルで、手から汗が出てしまうのなら、何かしらの対策を考えた方が良いかもしれません。

もしかすると「手汗がスゴイ」と思っているアナタの手のひらは手掌多汗症(しょうしゅたかんしょう)になっているのかも知れませんよ?

手汗のメカニズム
○そもそも手汗は、なぜ出て来る?


手から汗が出るということは、何も正常なことです。

そもそも手のひらには、汗の出る汗腺 (エクリン腺) が多くあり、緊張したり、気温が暑かったり、運動したりすると、汗腺から自然に汗が出てしまいます。

特に手汗は自律神経 (交感神経) の影響を受けやすく、緊張したり、興奮したりすると、自然に手から汗が出ます。

つまり手汗は

  • 体温調節のための発汗
  • 身体が緊張した状態(交感神経優位)になったことによる発汗


の2種類があるのです。

「手汗がひどい」という人の場合は、身体が緊張しやすく、交感神経が優位になりやすく、手汗にかぎらず汗が出やすい人なのかも知れません。

また手汗が多い人の中には、手のひらの汗腺の量が多く、そのせいで手のひらから汗が出やすいという人もいます。

アナタは大丈夫? 多汗症の1種である”手掌多汗症”

手のひらから汗が「おかしいな」というほど出いる人は、手掌多汗症かも知れません。

手掌多汗症の症状は以下の通りです。

手掌多汗症の症状

甲状腺機能亢進症などの基礎疾患がないのにも関わらず、気温・湿度・運動の有無に関係なく、手掌・足裏・腋下に限定して異常に発汗する症状のこと。

状態によって3段階にレベル分けされています。

[レベル1]

手のひらが湿っている程度。見た目では汗をかいているとは思えないが、触ると汗ばんでいることがわかる。汗で手のひらがキラキラと光って見える。

[レベル2]

汗で水滴ができているのが見た目にもはっきりとわかる。手のひらが濡れている状態。

[レベル3]

手のひらに水滴が出来るだけでなく、汗がしたたり落ちている。

上記の手掌多汗症の症状に当てはまっていたとしても、身体に直接的な害は他の多汗症同様ありません。

ただ上記の症状が当てはまり、精神的に負担を感じている(手汗で悩む、恋人と手をつなげない)と言う方は、精神的な負担を軽減させるためにも、手汗を減らすようにした方が良いでしょう。

ただし、手汗を予防するために一般的な制汗剤などを使っても、残念ながら効果はあまり期待できないようです。

なぜならワキ汗などに効果がある制汗剤は、手の平に多いエクリン腺ではなくもう1つの汗腺「アポクリン汗腺」に作用するようにつくられているからです。

そもそも薬の効果がない汗腺に、制汗剤を使っても効果がないだけでなく、かゆみを伴う副作用が生じる場合もあるので、手汗に対して制汗剤は使わないようにしましょう!

[手掌多汗症診断チェック]アナタの手汗は注意が必要!

  • 汗で手のひらがキラキラ光って見える
  • 手汗が手のひらから滴ることがある
  • 車の運転時に、滑り止めの付き手袋をしている(しようかと思っている)
  • 手を触られるとドキッとする
  • メモや本などが手汗でしなける
  • マウスやスマホがビショビショになる
  • 窓ガラスなどを触ると手の跡が残る
  • 手のニオイが気になる

「もしかして、手掌多汗症」かもと思ったアナタ、上記の項目にいくつチェックがつきましたか?

病気でもなく、気温が暑いわけでもなく、運動をしたわけでもないのに、上記の項目に3つ以上当てはまったアナタは、手掌多汗症の可能性が高いと言えるでしょう。

それでは、何かと気になるイヤ~な手汗を止めるには、どうすれば良いのでしょうか?

次の章では「手汗を止めるために効果的な治療法」をご紹介したいと思います。

手汗を止めるには、どうすれば良い? 手汗を防ぐ治療がある

自分が手汗をかきやすいタイプで手掌多汗症のきらいがある、そんな手汗で悩む方はどうすれば良いのでしょうか?

先述した通り、手汗が出るということは身体のメカニズムとして正常な身体の反応です。

ただ、あまりにも手汗がひどい場合は外科的・精神的・薬物治療を行うことが可能です。

[手汗治療]イオントフォレーシス(価格:700円~)

電流を流した水に汗をかきやすい部分を20分ほど浸し、汗腺にダメージを与え、汗の生成を抑制する治療法です。

一度の治療では治らず、定期的な治療が必要です。

イオントフォレーシスの副作用

肌に与えるダメージが少ないため副作用は少ないですが、ひどい手汗の人には効果がない場合も。

なお、以下の人はイオントフォレーシス治療を受けることは出来ません。

  • 妊婦
  • 体内に金属が入っている人
  • 手に切り傷や潰瘍がある人

[手汗治療]胸腔鏡下交感神経節遮断術(価格:8万円~)

胸部の背骨近くにある交感神経を切断し、汗腺から発汗させなくする手術です。

この手術によって、ほぼ100%手汗を止めることができますが、その代わり「代償性発汗」という副作用が発生し、胸やお腹、背中、お尻、太ももなどに汗をかきやすくなります。

胸腔鏡下交感神経節遮断術の副作用

胸やお腹、背中、お尻、太ももなどに汗をかきやすくなる「代償性発汗」が発生しやすくなる以外にも、胸腔鏡下交感神経節遮断術を行うことで副作用が生じます。

また代償性発汗によって、手汗以上に身体から異常に汗をかきやすくなることもあるのです(手術した人の30~70%近く!)。

現在報告されている副作用の中にはアレルギー反応が出てしまったり、手のひらがカサカサになってハンドクリームがかかせなくなったり、冬場は手のひらがひび割れることもあるそうです。

[手汗治療]心身療法(価格:5,000円~)

「手汗をかいてしまったら、どうしよう」という”不安”や”恐怖心”が原因で、手汗が出やすくなってしまう可能性があります。

こういった方は精神的な要因を緩和させるために、緊張をやわらげる「精神安定剤」や、リラックス状態を意識的につくりだす「自律訓練法」、カウンセリング等で治療することが可能です。

心身療法の副作用

カウンセリングや自律訓練法には、副作用はありません。

しかし精神安定剤を服用した場合は、依存症になってしまったり、睡眠過多になってしまったり、さまざまな副作用が引き起こされる可能性があります。

また心身療法は1度の治療で治ることはほとんどありません。

複数回心身療法を受けなければ多汗症が治るとは限らず、心身療法を受けたからと言って必ずしも手汗が和らぐとも限りません。

[手汗治療]神経遮断薬(価格:1,000円~)

プロバンサイン(Pro-Banthine)という名の手掌多汗症の治療薬である発汗抑制内服薬を処方してもらい、服用する治療法です。
1回1錠を1日に3~4回、汗を抑制したい時間に合わせて飲みます。

神経遮断薬の副作用

薬の副作用として、体が火照ったり、頭がボーっしたり、ひどい閔妃になってしまうことも。
また異様なほど喉が乾くケースもあります。

しかも、残念なことに薬の効果(5時間程度)が切れると、その後、異様に汗が出てしまうことがあります。

[手汗治療]ボツリヌス注射(価格:1万円~)

汗が出やすい部分に直接注射し、アセチルコリンの放出を阻害する治療法です。

この治療を行うことで、注射した部分は半年ほど汗をかきにくくなります。

ボツリヌス注射の副作用

毒性の強いボツリヌス菌を注射するため人によって、副作用が引き起こされてしまうか場合があります。

副作用としては

  • 腕の倦怠感
  • 腕の重量感
  • 腕のしびれ
  • 腕の不快感

等が発生してしまうことがあります。

また、これらの副作用は比較的起きやすく、ボツリヌス注射の効果が切れるまで、これらの副作用が生じ続けてしまうこともあるのです。

[手汗治療]塩化アルミニウム外用制汗剤 価格:1,500円~

塩化アルミニウム外用制汗剤を就寝前に、汗をかきやすい部分に塗り、朝に洗い流すという治療法です。

一時的に汗腺が塞がれ、汗が出にくくなることがあります。

塩化アルミニウム外用制汗剤の治療は2週間連日で外用すれば効果が実感できることが多いです。

副作用

塩化アルミニウム外用制汗剤は皮膚への刺激が強い成分であり、塩化アルミニウム外用制汗剤を使った結果、刺激性皮膚炎によるヒリヒリしてしまったり、かぶれやかゆみが生じてしまうことがあります。

また、一説には塩化アルミニウム外用制汗剤を利用することで、アルツハイマー病になりやすいとされています。

副作用がない手汗予防法はないの?手汗ケア用のパウダ『ファリネ』という提案

手汗を治療する方法をご紹介しましたが、どれも副作用のリスクがあるだけでなく、治療にお金と時間がかかってしまうモノが少なくありません。

そして、ご紹介した治療法は手間と時間がかかります。

多くの人は、手っ取り早く手汗を治したいと思っていることでしょう。

そんな方にオススメなのが手汗ケア用のパウダー『ファリネ』です。

ファリネは、手汗のことだけを考えて作られた手汗専用のパウダー

コスメチックな見た目で、ポーチにも入るファリネは手汗で悩む人の悩みにジャスト・イン・タイムで応えます。

「うわっ、手汗が…」という時に、さっと塗るだけで手汗を防止。

さらに「手汗が出そうかも」って時にも、事前にファリネを塗っておけば、手から出る汗を減らせます。

ファリネはコスメ感覚で手にパンパンとパウダーをつけるだけで、手汗をなくすことが出来るのですが、どのようなメカニズムで手汗をなくしているのでしょうか?

ファリネで手汗で予防できる理由その1:「特殊ナノイオン微粒子」

ファリネには新発想の手汗専用パウダーです。

パウダーで、さっと手のひらを塗るだけで、パウダーの中に含まれる特殊ナノイオン微粒子が肌に、まんべんなく広がり、手汗が出る汗腺をブロック。

しかも、ナノサイズのニオイ分子まで特殊ナノイオン微粒子が吸着し、汗が出にくくなるだけでなく、手汗のせいでニオイが発生するのも防ぐことができるのです!

つまり、ファリネを利用することで、「汗の発生もニオイの発生も予防」することが出来るのです。

ポイント

ファリネは超微粒子化かされたパウダーが手の汗腺や細かいシワにしっかり密着し、エクリン腺から出る汗を「ナノイオンブロック」でしっかり防止。

ファリネで手汗で予防できる理由その2:「麻セルロース」

ファリネには、天然素材の朝から出来た「麻セルロース」も配合されています。

この麻セルロースの力によって、手の汗腺から出た汗や皮脂腺から出た油脂が吸収され、特殊ナノイオン微粒子で防げなかった手から分泌された汗も、なかったことに!

しかも、タダ”無かったこと”ことにするのではなく、麻セルロースによって、手の乾燥を防ぎ、適度な潤いを保ちます。

ポイント

ファリネは多汗症の治療薬のように、手のひらを乾燥させず潤いを保つことが出来ます。

ファリネで手汗で予防できる理由その3:「天然ビタミンE」

ファリネには手汗を防止する成分だけでなく、手を美しく保つための成分もたっぷり配合されています。

その中でも特にご紹介したい成分が「天然ビタミンE」です。

経皮吸収型ビタミンEを配合されたファリネは、皮膚の角質を防止するだけでなく、肌をしっかり保湿し、抗炎症作用でファリネを塗るだけで、肌をキレイにしてくれるんですよ!

ポイント

ファリネを習慣的に塗ることで、手汗が出にくくなるだけでなく、すべすべツルツルの肌になれます!

『ファリネ』で健康的に手汗を防ぎ、手をすべすべキレイに!

手汗を根本的に治療する方法は、いくつもあります。

しかし、どの方法も副作用のリスクや毎日続けるのが難しいという問題があります。

しかし、ファリネならコスメ感覚で、手汗が気になる時にさっと塗って手汗を予防し、肌をキレイに保ってくれます!

手汗で悩んでいる人のことを考えて作られたファリネは、アナタの手汗をしっかり予防・改善の期待できます。

しかも毎日使って肌もキレイになるという優れもの。

さらに定期コースを利用すれば、送料無料・コンビニ手数料無料で、初回70%OFF!

そして、商品に自信があるからこその90日返金保証のキャンペーンも実施中。

もしアナタが手汗のことで悩んでいるのなら、まずは初回キャンペーンを利用してファリネの力を実感してみませんか?

手汗が止まらない…

悩んでいた手汗からやっと解放された!