【手汗対策】クサくない手汗も時間とともに臭くなる?

日常生活の中でもいろいろなものや人に触れる機会が最も多いのが「手」です。

「手に汗にぎる」なんて言葉があるくらい、手は汗をかきやすい場所でもあります。

汗と言うと・・・誰もが気になるのがニオイですが、特に女性の方や汗をかきやすい方はとても気になるのではないでしょうか?

でも手にかく汗って臭いイメージはあまりないのだけど、本当のところはどうなっているのでしょうか?

それでは、気になる手汗のニオイについて深掘りしていきましょう。

手汗はニオイがしない汗?

汗は、皮膚の表面に点在する汗腺から排出されます。

そしてこの汗腺は2種類あり、それぞれ別のはたらきをもっています。

ひとつは、脇の下や性器周辺に分布するアポクリン腺です。

このアポクリン腺から出る汗は、たんぱく質などを多く含んで腋臭(わきが)の原因になるニオイを放ち、フェロモンとして作用するといわれています。

そしてもうひとつはエクリン腺と呼ばれていて、手のひらをはじめとするからだ全体に広く分布しています。

このエクリン腺から出る汗は、アポクリン腺からでる汗とは成分も目的も違う、「ほぼニオイがしない汗」なのです。

エクリン腺から出る汗は、体温調節を目的としており、その99%が水分、残りの1%がナトリウムやカリウムなどで構成されています。

水分はもともと無臭ですから、ニオイの原因にはなりません。

残りの成分は、汗腺のはたらきによって再び体内に取り込まれます。

つまり本来、手汗はニオイがしないはずなのです。

手汗のニオイは雑菌が原因ってホント?

手汗そのものには、ニオイはほとんどありません。

では、なぜ手汗のニオイが気になるのでしょう?

その原因は、手のひらの表面に付着している雑菌であると考えられています。雑菌が、手汗の成分を分解して、ニオイのもとになる物質を作っているのです。

雑菌は、からだの中でも湿気の多い、むれている部分で繁殖しやすくなります。

手は、ワキの下や足のうらなどの閉ざされた部分とは違って、本来はむれにくい場所です。

手のひらで雑菌が繁殖しやすくなるのは以下の場合が考えられます。

  1. 手袋を常用するなどして手が蒸れているとき
  2. 日常的に手汗の量が多く、常に手のひらが湿っている状態のとき
  3. 汗腺のはたらきが悪くなっていて、汗の成分が皮膚表面に残っているとき

もしも日常生活や仕事の中で、【1】や【2】のケースにあてはまることが多い場合は要注意です。

手汗が臭いやすくなっているかもしれません。

【3】の「汗腺のはたらきが悪くなっている」ときには、汗に含まれる水分以外の成分が体内に取り込まれなくなっています。

汗は水分以外の物質を含んでベタベタして、皮膚表面に残ってしまうのです。雑菌は、汗の成分を分解しながら繁殖して、ニオイの原因になる物質を生み出します。

手のひらで雑菌が繁殖しないように、いつも清潔にしておきたいですね。

手汗の成分構成とニオイの原因は?

手汗のニオイの原因は、雑菌が汗に含まれる成分を分解することです。

では手汗のどんな成分が、ニオイの原因になるのでしょうか。

手汗(=エクリン腺から出る汗)は、99%が水分です。残りの1%は、ナトリウムやカリウムのほか、塩素やアンモニウム、尿素などで構成されています。

これらの成分の中でニオイのもとになるのは「アンモニウム」です。ちなみに尿素も細菌によって分解されるとアンモニウムになります。

アンモニウムは尿にも含まれている物質です。アンモニウムが放つ「アンモニア臭」と呼ばれる独特のニオイが、尿や汗のニオイのもととされています。

ただし、通常の汗に含まれている程度のごく少量のアンモニウムでは、それほど強いニオイを感じることはありません。

手汗のニオイが気になるときは、手洗いをこまめにしたり、ミョウバン水を手に塗ったりして、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

また、毎日適度な運動を続けて、汗をかくことも効果的です。日ごろから汗腺のはたらきを活発にしておくことで、ベタつかない、いい汗をかく習慣ができます。

そのほかにも、手汗用の制汗剤が市販されていますので、使用してみるのもおすすめです。

制汗剤はワキ汗用のもので代用するのではなく、手汗専用のものを使いましょう。ワキ汗用の制汗剤では、作用する成分が違うため、効果があまり得られなかったり、かゆみを感じたりするおそれがあります。

手汗自体は臭いものでありませんので、上手にケアして快適な毎日を過ごしましょうね!