手汗でよくあるトラブルや困りごと。

「手汗」による困りごと・・・と一口にいっても、その他愛もないことから深刻なケースまで幅広くあります。

「手汗で深刻なケース?」と手汗の悩みがない方には想像もつきませんが、実際にかなり深刻なダメージケースもあります。

今回は大量の手汗に悩む方々が、どんな困りごとを抱えているのか深掘りしていきましょう。

人に手汗がバレそうでヒヤヒヤ!あるあるエピソード

このパターンで最も多く聞こえてくるケースが「握手ができない」というエピソードです。

手汗の悩みがない人からは「握手なんて日常的に必要ないでしょう」という反論もありそうですが、実はそうでもありません。

外資系の会社に取引先がある方や営業職などの方は、握手を求められる場面が多々あります。

そんなとき、「手汗がふきだしているので、握手はできません」なんて断るわけにはいきませんよね。

しかしそのまま握手してしまうと、手汗で先方に不快な思いをさせてしまう……。大ピンチです……!

そんな機会がない方や学生さんの場合でも、大好きな彼氏・彼女と手をつなぎたいシーンがあるでしょう。

場合によっては、意中の相手から手を差しだされるかもしれません。また、最近は推しているアイドルの「握手会」なんて機会も。そんなとき、手汗ビッショリだったら……。

その他、「手汗が気になって、ネイルサロンに行けない」というお声もあります。

手汗は、仕事にも恋愛にも、そして趣味やオシャレにも障害となってしまうのですね。

手汗で「持ち手がすべる」あるあるエピソード

ドアノブがすべって回せない。こういったケースなら日常生活がちょっと不便だな、という程度ですが、車のハンドルがすべりやすいというのは大問題です。

近年車の事故は頻繁にニュースで報道されています。

手汗がその要因の一つになるとすれば、簡単には捨ておけない話ですね。

車の運転前にはしっかり手汗対策をしておかなければいけません。

また、電車のつり革につかまることができないというケースも怪我につながる危険性があります。急停車したとき、カーブを通過するときなど。つり革につかまっていないとバランスが崩れて打ち身になってしまうケースもありますね。

また、カトラリー類(フォークやナイフなど)を上手くつかめなくて落としてしまい恥ずかしい思いをした、食器やコップをよく割ってしまうというエピソードも。物を割ってしまうのも痛手ですが、「行儀が悪い人」と思われてしまうのもショックですよね。

手汗で「物損」あるあるエピソード

前項の「食器やコップを割ってしまう」というエピソード以外にも、手汗による物の破損ケースはかなり多いようです。

一番困るのは、「書類が濡れる」こと。私物なら自己責任で済みますが、仕事用の書類が手汗でにじんだ場合、責任重大ですよね。

また、書類仕事の作成でパソコンなどのキーボードやマウスを使うとき、手汗でベタついたり濡れたりするのも困りますね。

デスクワークの方だけではなく、教職の方からのお困りの声もあります。それは、手汗で黒板用チョークやペンがうまく握れない、それで授業が思うように進められないということです。

また、手汗が邪魔して「スマホが反応しない」というお声もよく挙げられています。これはイライラしますよね。とくに電車の乗換案内調べのときや急ぎのメール連絡のときなど、一刻一秒を争う場面では気が気ではありません。

手汗の物損は日常生活だけではなく、仕事の妨げになるケースが多いのですね。

これらのお悩みがある人の多くは、外出時にハンドタオルの持参が欠かせないと語っておられます。

しかしご自身に合った手汗専用制汗剤を一本持ち歩くことで、その悩みから解消されたそうです。

手汗に生活や業務の邪魔をされているという方は、ご自身に合った手汗専用制汗剤を探してみることをおすすめします。

手汗が止まらない…

悩んでいた手汗からやっと解放された!

■参考エピソード:手汗専用制汗剤の利用者口コミ、その他体験談
アロメル
・フレナーラ
コルクル
テサラン